やる夫ゲッカビジン

自分用やる夫スレまとめ
カテゴリー  [ やる夫達は封鎖された東京で必死に生き延びるようです ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やる夫達は封鎖された東京で必死に生き延びるようです 小ネタ

687 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 20:46:24 ID:0ZzckOi.
┏┓                                                ┏┓
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛
 TIME:??? ??? ???   
┣━━━━━━━━━━━━━┛











                「 ̄ ̄ ̄ ̄|   | ̄ ̄ ̄ ̄|   | ̄ ̄ ̄ ̄|
       _        |     |   |        |   |        |           _
     //|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     |\\
    ∠//l   /                                  \     |   ヽヽ
__| l/ | |__,/                                       \_,|    | |__
__| | /_| | /                                          \|    | |__
: : : : | |: : /´[王王三三三三三「 ̄ ̄ ̄ ̄l三三三三「 ̄ ̄ ̄ ̄|三三三三三王王l 、  | | : : : :
: : : : | |/    | lil|l|/ イ: : : : : :|     |: : : : : : :|     | : : :  |\|il| lil|    \| | : : : :
: : : : | |二二二|lil |i|/l | : : : : : |     |: : : : : : :|     | : : :  | l :|li|li ||二二二| | : : : :
┏┓                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━╋┛
  ┃システムメッセージ
┏╋━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┓
┗┛                                                ┗┛
  どこぞとも知れぬ謎の空間。普通の部屋のように見えるごく普通の部屋。
  つまるところ言い換えれば普通の部屋である。中型の机が置かれ、それを
  かこむように幾脚かの椅子が置かれており、机の上では紅茶が温かげな
  湯気を上げ、中央には茶菓子が入った椀が置かれていた。

  そして、それを中央に2人が向かい合っている
┏┓                                                ┏┓
┗┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛

やる夫達は封鎖された東京で必死に生き延びるようです 第16話

868 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/09/01(木) 23:05:51 ID:0ZzckOi.
┏┓                                                ┏┓
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛
 TIME:Mon 11:55 封鎖:3日目                 魔貨:1967
┣━━━━━━━━┳━━━━┛                ┗━━━━━━━━┛
  ALIMENT 善 4
┗━━━━━━━━┛                        
               ___
             /, l___l\
            //レ|‐┼┼‐ト\\
            //レi レ|‐┼┼‐ト、ト.\\
       /,/レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト \|
       i|/レi レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
     _l|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
    __/|レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
テミ! /|レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
丁| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' レ' レ' レ' レ|‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ' ,ィ爻从、 |‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ|レ ,爻爻爻ム ‐┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| |レ| r爻爻爻メハ. ┼┼‐ト、ト、ト、ト、|
┼| | |レ| | ,小爻爻爻爻ミ}. ┼‐ト、ト、ト、ト、|
┏┓                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━╋┛
  ┃システムメッセージ
┏╋━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┓
┗┛                                                ┗┛
  何だかんだあったが家に帰って来た。特に外観に変化はなく、来客の様子もない。

  バイクにも異常はなく、部屋に上がっても特に変化はなかった……
  少しならば落ち着けるだろう
┏┓                                                ┏┓
┗┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛

やる夫達は封鎖された東京で必死に生き延びるようです 第17話

347 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/09/02(金) 23:12:27 ID:MEjLAQ7g
┏┓                                                ┏┓
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛
 TIME:Thu 13:25 封鎖:3日目                 魔貨:1367
┣━━━━━━━━┳━━━━┛                ┗━━━━━━━━┛
  ALIMENT 善 0
┗━━━━━━━━┛                        



            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l     はぁ、遂に晴れて犯罪者か……
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ
┏┓                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━╋┛
  ┃システムメッセージ
┏╋━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┓
┗┛                                                ┗┛
  苦労しつつも回路を直結し、バイクを動かすことに成功した。ガスが微妙に
  少なくなっていたので他所の車から失敬したが、これで窃盗犯だ。
  もしも職務質問を受けたらどうしようかと盛大に悩んでいる。

  まぁ、この期に及んで職務質問を行う熱心な警察官が居るかどうかは疑問だが
┏┓                                                ┏┓
┗┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛

やる夫達は封鎖された東京で必死に生き延びるようです 第18話

539 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 14:51:56 ID:DIjDGxRc
┏┓                                                ┏┓
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛
 TIME:Mon 12;50 封鎖2日目
┣━━━━━━━━━━━━━┛
      ________________________
      |                                         |\
      | ○○マート         ===========================|  |
      | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄~..|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄|\.
      |  ||       || / / / ||                    ||____|  |
      |  ||l ̄ ̄| ̄ ̄l.||          ||                    ||     |.\|
      |  |||   !|    l.||       [] ||~|~|~~~~|~|~|~~|~|~|~|~|~|. .||     |  |
      |  |||   !|    l.||          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||. ||     |  |
      |  |||   !|    l.|| / / / ||~|~~|~||~~~|~~|~~|~|~~~|~|. ||     |  |
      |  |||   !|    l.||          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||. ||     |  |
      |  |||   !|    l| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   _|  |
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.
   |                                             |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     _____      ________
          //========\
        //======\
┏┓                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━╋┛
  ┃システムメッセージ
┏╋━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┓
┗┛                                                ┗┛
  あるところで女性は死に瀕していた。食料が尽きたので安全な家を出て
  コンビニに出たのが不味かった。救助が来るまで水で繋いでいるのが安全
  だっただろう……仲間とチャットしていれたので暇も幾らでも潰せたはずだ。

  今はただ、会社の制服のままで死にかけている自分が恨めしかった。もっと
  普通の格好で来るべきだったと。こうなると自宅待機を命じた会社の命令が
  悪かったように思えるが、出社していればもっと早くこうなっていただろう
┏┓                                                ┏┓
┗┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛

やる夫達は封鎖された東京で必死に生き延びるようです 第19話

804 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 22:47:03 ID:DIjDGxRc
┏┓                                                ┏┓
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛
 TIME:Thu 15:25 封鎖:3日目                 魔貨:1367
┣━━━━━━━━┳━━━━┛                ┗━━━━━━━━┛
  ALIMENT 善 0
┗━━━━━━━━┛                        
        |i|:  //        |    .;.:;|                |
        |i| //            |   '; .;.:;|                |
,.;;:。;:;;::、; |i| /  ,.;;:。;;;::、;.,,. ,|    .;.:;|┛,.;;:。、     ;:;;::、;   |  ,;::、;
 :、;:;":i";`;:;" ,.;i;';.,, :、;:;":;";,;|    .;.:;| .;:、;:;":;" ;`;i;" .;:、;:;"i;`;:;" ;;:
  ,.;;:。;:;;::、;   :、;:;":;";`;:;":。;:,|    .;.:;|:、;,.;i;';.,,  ;",.;;:。;:;;: :、; ;;::、;
,.;i;';.,,  ,.;;:。;:;;::、;;i;';.,,;,  ;:;":;"|,;    .:.:;|;"” :、:、;:;":  ;";`;:;",.; i;';.,,;`;:;";、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ゙̄|    .:.:;| ̄ ̄ ̄`| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,.,.;:.;;|  / , .:.:;|_;;:,_.;;,;_.;;_|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;
 ̄ ゙̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    .:.:;| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
_,;:_;;_;;|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|     .:.:;|_;;_|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,_.;:._
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ゙̄|    .:.:;| ̄ ̄ ̄`| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,.,.;:.;;| ;   ゙ .:.:;|_;;:,_.;;,;_.;;_|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;
 ̄ ゙̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ,"  .:.:;| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
_,;:_;;_;;|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|     .:.:;|_;;_|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,_.;:._
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ゙̄|    .;':;| ̄ ̄ ̄`| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,.,.;:.;;|     .:.:;|_;;:,_.;;,;_.;;_|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;|.;:,_.;:._;;:,_.;;,;_.;;
  ,,.                   |    .:.:;| .
    ""                  `''‐--‐''´ "゙             、、,
       ^^       、,,.。                            ,"

                              ゚"  ,.、^
┏┓                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━╋┛
  ┃システムメッセージ
┏╋━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┓
┗┛                                                ┗┛
  2人で並び立って街を歩く。やる夫はズタ袋に入ったAKを担ぎ、式は手に
  白木造りの刀をそのままぶら下げて歩いていた。街は表面上落ち着いている
  ように見えるが、大抵は家に引きこもっているか学校などの広域避難所に
  身を寄せているのだろう。

  こんな状況でもコンビニでは物を買うためにしっかりと並んでいたのが笑えるな
  と2人で少し笑いながら歩いた。外の状況を知っているが故の皮肉な笑みだ。
┏┓                                                ┏┓
┗┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛

やる夫達は封鎖された東京で必死に生き延びるようです 第20話

986 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/09/04(日) 01:09:03 ID:R866KUno
┏┓                                                ┏┓
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛
 TIME:Thu 16:10 封鎖:3日目                 魔貨:1367
┣━━━━━━━━┳━━━━┛                ┗━━━━━━━━┛
  ALIMENT 善 0
┗━━━━━━━━┛                        
            | |:.:.:.:.:.:.:.:.:| : : : : : :/ニニニニニニニニヽ: : : : : : : : : : :/ニニニニニニニニヽ: : : :
            | |:.:.:.:.:.:.:.:.:| : : : : : :| |      .::| |: : : : : : : : : : | |      .::| |: : : :
            | |:.:.:.:.:.:./ ̄ ̄ ̄:| |      .:.::| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |      ...:.::| | ̄ ̄
           [| |:.:.:./        ヾニニニニニニニニノ         ヾニニニニニニニニノ
            | |/        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ / ̄ ̄ ̄|   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
            | [二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
            | |:.:.:|
            | |:.:.:|          / ̄ ̄ ̄/l               | ̄ ̄ ̄\
            | |:.:.:|_____(____l/|_________l_____)___
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/        |i| l」   |i| l」                 |i|  l」 |i|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            l」     l」                   l」     l」
  , ― 、
/  /|―――――- 、
  /  |´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ|
/    |        ||
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ||
  /         .::  /||
         ....:::  / :||
      ....::.::::  / .:|/    , -―――――――- 、
      ....::::::::  /   /    /                 |
┏┓                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━╋┛
  ┃システムメッセージ
┏╋━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┓
┗┛                                                ┗┛
  拠点戻った頃には既に四時を回っていた。共用スペースにはメルツェルと
  エメリーだけが残っており、エメリーは共用PCでスレを見てたまに笑い、
  メルツェルは自分のPCで何やら仕事をしているようだ
┏┓                                                ┏┓
┗┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛

やる夫達は封鎖された東京で必死に生き延びるようです 第21話

513 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2011/09/04(日) 14:18:56 ID:uKAbbpBQ
┏┓                                                ┏┓
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛
 TIME:Thu 17:50 封鎖:3日目                 魔貨:3057
┣━━━━━━━━┳━━━━┛                ┗━━━━━━━━┛
  ALIMENT 善 0
┗━━━━━━━━┛                        
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.;  ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .   . . |:_:_|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
┏┓                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━╋┛
  ┃システムメッセージ
┏╋━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┓
┗┛                                                ┗┛
  主に出ると、式が寄ってきた悪魔と闘っている……と、言うよりも踊るような
  感覚で刃を振り回していた。ナイフの時よりも動きがさえ渡り、流麗な舞踏を
  思い起こさせる動作で屈強な悪魔の首が熱せられたナイフに触れたバターの如く
  容易く宙を舞い、その場で霧散して消えていく様はある種の危うい美しさを湛えていた。

  だが、ノンビリ鑑賞している暇はない。敵がこちらに集まってきた……
┏┓                                                ┏┓
┗┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻┛